黒崎まちなか大学の活動ブログ 北九州市八幡西区黒崎より発信中
by ucc-k
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
公式ブログサイト移設のお知らせ
at 2013-04-11 15:02
まちなか花見2013 in黒..
at 2013-04-08 14:29
「マチと握手する」講座201..
at 2013-04-07 18:16
QunQun第3期生[北九州..
at 2013-04-01 14:04
熊手銀天街出店プロジェクト ..
at 2013-03-30 17:33
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

黒崎まちなか大学とは~3

学長が語る「黒崎まちなか大学とは」の第3弾。
本日のテーマは「集まること」です。

黒崎まちなか大学は、11月初旬まで「黒崎で集まること」に主眼を置いて活動してきました。
これまで述べてきたとおり、まずは黒崎から、まずは集まること、を重視していたからに他なりません。

今は次のフェーズに突入していて、「キャンパス整理」をするための学習のために、どうせ将来的に活動のフィールドに入る他の街へ打って出ています。
しかし、それでも「まずは集まること」は依然として継続しています。

歴史的に見て、成功する組織を編み上げるやり方は2種類しかありません。
一気に「中心」を作ってそれに吸い上げる形か、雑多な方々の中にラインを作って「中心」を創り上げていく形か、です。
前者はわかりやすいやり方で、日本における大半の会社組織の形態がこれですし、近代的官僚組織もこの形式を取っています。
秦軍型・プロイセン軍型の組織形態と言えます。
この組織形態は一般に「短期決戦」に無類の強さを発揮する組織形態で、経済経営的にいえば「即効でカネを稼ぐ」にはこの組織形態が最適です。
何せ「組織の具体的目的」が明確で「指揮命令系統」が明瞭なのですから。
日本の会社はこの形態から始まることが多い。
とりあえず、お金を回さなければ商売が成り立たんのだから、まずこの方式を採用することは実に賢明な選択だと言えます。
この組織形態で短期的でも儲からんのであれば、それは「具体的目的」に社会的齟齬があると考えていいでしょう。
さて、後者はわかりにくいでしょうが、実は日本という国家そのものの成立がこの後者型なのです。
現在の日本はどこまでも中央集権国家の体裁を取っていますが、ことの実は後者の手法で編みあがった国家といえます。
この組織形態は「短期決戦」において一見脆弱に感じますが、長期的に見れば非常に「強固」なのです。
モンゴル軍型の組織形態と言えます。
日本が悠久の王朝として滅亡せずにここまで成立しえているのは、別に不思議なことでもなんでもない。
ちなみに「現代型民主主義」という手法は、この組織形態の強みを権力構造に直接的に反映させようという試みだったりします。

私は「黒崎まちなか大学」は後者の手法を取るべきだと考えています。
どうも北九州の「社会活動」には、この後者の手法が不足していると感じているからです。
ゆえに、テーマが明確で、非常に優秀で世界的評価の高い「突き抜け系」の社会文化活動は数多くありますが、あまりにも突き抜けすぎていてどうにも市民には受け入れがたい。
世界的な評価を受けているにもかかわらず市民が知らない、なんて活動は北九州には多い。
これは非常にもったいないことです。

だからこそ
黒崎まちなか大学がそういった活動と市民を繋ぐ受け皿になれれば
と考えています。

そのために後者の組織形態を取るわけです。
ただ、現在の黒崎には「雑多」がありません。
この後者の組織形態を実現する手順としては
雑多を生み出すこと=集まること
から始める必要があります。
そういうわけです。

次回は「まずは集まること」について、別の角度からお話できればと思います。


黒崎まちなか大学学長  寺下良真
[PR]
by ucc-k | 2011-11-30 13:37

黒崎まちなか大学とは~2

学長が語る「黒崎まちなか大学とは」第2弾!

今回は「縦(世代間)×横(コミュニティ間)」のうちの「横(コミュニティ間)」について説明します。


「コミュニティ間」と言っても色々あります。
「黒崎まちなか大学」のいう「コミュニティ間」とは、通常ならなかなか交わることのない「コミュニティ」同士のことを指します。

コミュニティという語は本来、人的集合体の意でしかないのですが、核家族化が進み地域自治組織が崩壊する中で、社会課題のアクターとして専門家が使い始め政治用語化して一気に市井に広がりました。
しかし、要は「人的集合体」でしかありませんから、私はコミュニティをこの意で使います。

日本のコミュニティという起源は大半が以下に集約されます。
昭和中期の軍国主義の時代、世界恐慌を乗り切り未曾有の戦争を乗り切るために、各地で様々な組合が作られました。
町内組合、農業組合、商工組合、自治組合、労働組合、商店組合―。
これが戦後もしばらくは温存・拡張され、日本復興の基盤となりました。
しかし、時代は高度成長期、人々の大都市圏への流入が一気に進みました。
これにより、農村の組合組織は瓦解。
都市部でも組合に属さない人々が溢れかえります。
それでも、東京・大阪・京都・神戸・北九州のような元々「流入・流出に耐えうる組合組織」を有していた古くからの大都市は、比較的組合を遺すことに成功しました。
しかしながら、それでも東京・大阪は果てしない膨張のため、神戸は大震災によって、組合組織は危機に瀕しています。
つまり、北九州と京都だけはそれなりの伝統ある「都市コミュニティ」が生きているわけです。
そして、都市に内包されている多様な「コミュニティ」のそれぞれが非常に強い発現力を有している。
このことが、日本全体が東京化する中、北九州と京都だけが妙に自活の風潮を都市にかもし出している所以だと、少なくとも私は考えています。

ところが、北九州の「コミュニティ」には大きな問題がひとつだけあります。
それはそういった多様な「コミュニティ間」の交流があまりに希薄だということです。
これは元々、北九州が集合都市であること、趣味・主義に強い拘りを有している職人気質の市民風潮であること、それが大きく影響しているのだと思います。

そこで「黒崎まちなか大学」の「コミュニティ間」の考え方が生きるわけです。

そうした互いに交わろうとしない「コミュニティ」同士をフラットに繋げる!

これはひとつの大きな挑戦なわけです。

北九州には「世界一」を目指せる種は数多くあります!
この力に関しては、おそらく日本一だと思います。


ただ、それを発現させるためのシステムや場がないために、なかなか表に出てこないだけなのです。
要は、そこを解決すれば、この都市には日本の未来を救えるだけの力があると感じています。

黒崎まちなか大学が、こうした北九州の潜在能力豊富な「コミュニティ間」を繋げるために必要なこと。
それはとりあえず「集まるためのシート」を敷くこと。
だからこそ、「黒崎まちなか大学」は、即物的かつ具体的な主張を何もしないのです。

まずは集まること

これが重要なのだと考えています。


次回はこの「集まること」の意味について語れればと思います。


黒崎まちなか大学学長 寺下良真
[PR]
by ucc-k | 2011-11-27 16:50

黒崎まちなか大学とは~1

「黒崎まちなか大学」とは何か?

具体的コンセプトも定めず、行動の方向性も見えてこない。
これで本当に事業化を目指しているのだろうか?
そんな疑問を持っている方もいるかと思います。

どうやって関わっていいのか?
そんな疑問を持っている方もいるかと思います。

そう感じるのは至極当然のことだと思います。
そこで本学学長・寺下が「黒崎まちなか大学」について、これから数回に分けて簡単に説明していきます。



黒崎まちなか大学を簡潔に説明すると、

「縦(世代間)×横(コミュニティ間)」を繋ぐターミナル

この一言に尽きます。


どういうことか?というと。

普段は出会うことのない世代の違う人々がフラットに繋がり、
普段は交わることのない、いろんなコミュニティに所属している人々がフラットに出会って繋がる、
そんな場なのです。
その場づくりとして

黒崎という隙間だらけの大都会

を本拠地としているにすぎません。

隙間だらけの大都会だけあって、

黒崎にはカネもヒトもインフラもすべて揃っています!

ただ、
行政中枢がないがためにそれらを作用させる仕組みが整ってないだけ
なのです。
中央集権国家の日本にあって、カネ×ヒト×インフラを作用させるのに中心的役割を果たしているのは、ひたすら行政とそれに連なる組織・人であることがほとんどです。
それゆえに行政中枢がないことそれ自体がそのまま不利に働いているだけなのです。

しかし、逆のことを言えば、それは大きなポテンシャルを有したまま放って置かれているだけとも言えます。

まずは黒崎から

これがこの「まちなか大学」が「黒崎から」始まっている理由です。
要するに、

黒崎まちなか大学が黒崎で行うことは「カネ×ヒト×インフラ」を作用させていくこと

なのです。
これがつまり

まちなか大学によるキャンパス整理

というわけです。


今回はここまで。
次回は「コミュニティ間」の意味についてご説明させていただきます。


黒崎まちなか大学学長 寺下良真
[PR]
by ucc-k | 2011-11-26 21:19

世界配信のTV放送

なんと!!!!

11月24日(木)19時~19時45分

黒崎まちなか大学が世界配信のTV放送に出演しました!

小倉に本部のある「北九州をぐっと盛り上げる会」主催のユーストリーム配信放送で、小倉松永ビル1階の空スペースを利用したスタジオで生放送に出演させていただきました。


e0245543_11513194.jpg


「八幡西区をぐっと盛り上げる会」会長で、黒崎まちなか大学の学生でもある荒木学氏の招待で出演することになりました。
立派なテレビ放送局とまではいきませんが、かなり本格的なスタジオです。


e0245543_11561243.jpg

はしゃぐメンバー(笑)


e0245543_11582753.jpg

放送前の下打ち合わせも抜かりなく。

そして、放送―。
当初は30分&別コーナーの放送予定だったようですが、例外的に45分の放送枠めいっぱい使ってくれました。
みんな話しすぎたのかな(笑)?
いろんなことを話しました。
内容―は割愛させていただきます。


e0245543_1233779.jpg


すごく充実した時間でした!

「黒崎まちなか大学」での番組放送制作の話もいただきました!!

さっそく年明けあたりから本気で番組制作してみようという気になった学生たち。
いきなり1人―この放送局に弟子入りすることになりました(笑)

この「横のつながり」の食い込み方。
まさに「黒崎まちなか大学」です(笑)!!

「黒崎まちなか大学」は、居場所として「黒崎」を絶対的に選択してますけど、「黒崎」のみに活動の場を求めることはありませんからね。
「黒崎まちなか大学」はあくまで、「縦(世代間)と横(多様なコミュニティ・街)をつなぐターミナル」となる組織ですから。


出演番組の録画放送が始まってます。

北九州ぐっとtv
http://www.ustream.tv/channel/goodtv-ktq


黒崎まちなか大学事務局
[PR]
by ucc-k | 2011-11-25 12:12

学園祭ツアー

11月20日(日)
黒崎まちなか大学では、本拠地・きさろく館カフェを失ってからの初イベントとなる「学園祭ツアー」を実施しました。
黒崎を飛び出しての初イベントでもあります!

登録学生の若干名が在籍する九州国際大学と九州工業大学の学園祭を巡り、「大学の学園祭とはどうあるべきか?」、また「大学のイベントでは何を重視すべきか?」を実感しようというツアー企画です。

まずは八幡東区にある九州国際大学の学園祭「一祭合祭」に突入。
e0245543_16265660.jpg


e0245543_16293360.jpg


こじんまりとした大学祭でしたが、ステージパフォーマンスを中心に「人気テレビ番組」をアレンジした企画が次々と披露されていました。

黒崎まちなか大学っていったい何だ?

出店を巡るたびにそんな疑問を投げられましたが、みんなノリノリで付き合ってくれました。
e0245543_1634278.jpg


実は、九州国際大学周辺は日本屈指の「現代アート街」で、世界屈指の文化施設が揃い、国際色豊かで、街区も他地区のモデルとなるほどにあーティスティックな空間として広がっている。
そんな街区の中央に位置する大学の学生だけあって、大学祭の中身が「面白いと思うものを何か試してみよう」という気風に溢れていました。


次は、戸畑区にある九州工業大学の学園祭「工大祭」に突撃!
e0245543_16493874.jpg

e0245543_1641578.jpg



九州工業大学は、もともと戦前、日本で最も静溢にして高貴な地域に位置する私学として設立され、そのあまりの技術力の高さと育成能力に目をつけた政府が専門学校部(大学)を国立とした大学で、隣接する九州最高貴な私学・明治学園とはもともと系列校なのです。

そのせいか、九州工業大学の学園祭のノリは非常に静か。
出店数や学園祭規模で九州屈指の規模を誇るわりに、九州国際大学のような楽しみを訴えかけてくるような表現は感じられませんでした。
もしかすると、シャイな人が多いのかもしれません(笑)
e0245543_16584230.jpg


しかし、その代わり、店舗ごとの商品の質・店舗の作り・コンセプトの据わらせ方、いずれもクオリティが非常に高い。
ひとつひとつにこだわりが感じられ、完成度も高く、個々のぶれない想像力・作り出す能力の高さが伺えました。
e0245543_171382.jpg

e0245543_1725623.jpg

廃竹を使ったマドレーヌ!

e0245543_1752057.jpg

糸瓜を使った茶室!

すぐにでも商品化できそうなもの、もう少し工夫を加えるだけで商品化できそうなもの。
そんなものの宝庫でした。

さすがは「日本を引っ張る大学の学園祭」でした!!

e0245543_17102385.jpg

最後は大学中を覆う燈明アートに感動!

とても有意義な「学園祭ツアー」となりました。
e0245543_17133145.jpg



次回は12月10日(土)に企画を予定しています。
乞う、ご期待!!



黒崎まちなか大学事務局
[PR]
by ucc-k | 2011-11-23 17:16

カムズ収穫祭・KUROSAKI48卒業式タイアップコース講座~後編

11月13日(日)黒崎まちなか大学コース


曲里松並木で釜飯を食べてから黒崎の商店街に戻ってきます。
途中、黒崎の新規出店スポットをめぐりながら「まちあるき」をして帰ります。

e0245543_17143869.jpg



そして、収穫祭のメニューを体験していきます。

e0245543_17205427.jpg

e0245543_17232169.jpg



AED、マッサージ、ネイル、歩き方の講座を体験していきます。

最後はKUROSAKI48卒業式に参加。
表彰を受けました(笑)

e0245543_17294560.jpg



こうして11月13日(日)は終わりました。
きさろく館カフェ2階を使った「黒崎まちなか大学」の活動は終わりました。
ですが、この表彰式のときにも表明したのですが、

黒崎まちなか大学は今後も活動を続けていきます!

というわけで、近々11月20日(日)の活動の報告を挙げるつもりです。
[PR]
by ucc-k | 2011-11-21 17:38

カムズ収穫祭・KUROSAKI48卒業式タイアップコース講座~前半

11月13日(日)は「カムズ収穫祭・KUROSAKI48卒業式タイアップコース」の講座を行いました。

黒崎で2番目に大きな秋祭「カムズ収穫祭」の「KUROSAKI48卒業式・タウンドシップ講座」のコースを企画運営しました。
巡ったコースは「曲里松並木散策コース」を皮切りに、マッサージ講座・ネイル講座・ウォーキング講座。
どれも良質なものでした。
そして、このコースのアテンドには、1年間黒崎のために頑張ってきた「KUROSAKI48」メンバーが付いてくれました。

e0245543_12132617.jpg


出発です。

e0245543_12174560.jpg


曲里松並木に向かっています。

e0245543_12194469.jpg


そして釜飯を待って食べます。

e0245543_12213513.jpg

e0245543_12293421.jpg


美味しくいただいた後は記念撮影!

e0245543_12251414.jpg


薄着のKUROSAKI48の方々はちょっぴり寒そうでした(笑)


つづく
[PR]
by ucc-k | 2011-11-15 12:31

黒崎まちなか大学 学園祭巡りツアーのご案内

黒崎まちなか大学は、本日をもって「黒崎きさろく館カフェ2階」を追い出されます。

ですが、黒崎まちなか大学は今後も
本格開業に向けて活動を続けていきます!
というわけで、さっそく11月20日(日)にツアー講座を行います。

≪学園祭巡りツアー≫
【目的】様々な大学の学園祭を体験し、「大学の学園祭とは何か?」を学ぶツアー講座
【日程】11月20日(日) ※ツアー参加費無料(実費自己負担)
11:45~ 黒崎駅集合
12:00~ 八幡駅集合
12:20~ 九州国際大学学園祭
15:30頃~ 九工大前駅集合
15:45~ 九州工業大学学園祭
18:00頃 解散
18:30頃~ アフター 小倉駅集合 ※アフター参加費:2000円(飲食代込)
[参加申込方法]
11月18日(金)まで
事務局メール:ucckurosaki@gmail.comに氏名・連絡先・希望集合場所・アフター参加or不参加意向を明記の上、申し込みください。
また、フェイスブックページでもお申し込みいただけます。


黒崎まちなか大学事務局
[PR]
by ucc-k | 2011-11-14 10:41

黒崎まちなか大学 黒崎カムズ収穫祭「黒崎タウンドシップ講座コース」

黒崎まちなか大学が開校して約1ヵ月!
おかげさまで黒崎まちなか大学は、継続的に活動していける体制が整いました。

これまで黒崎まちなか大学は、きさろく館カフェ2階スペースを活用して、活動してきました。
ですが、11月14日をもってそのきさろく館カフェスペースが閉店します。
今回のイベントは黒崎まちなか大学にとって、ひとつの区切りをつけるイベントとなります。

黒崎まちなか大学はこれからも続いていきますが、これもひとつの区切り。
奮っての参加をお待ちしております。

<黒崎カムズ収穫祭連動イベント:KUROSAKI48卒業式連動イベント>
黒崎の名店のサービスを格安で堪能する講座
「黒崎カムズ収穫祭・黒崎TOWNDSHIP講座:黒崎まちなか大学コース」

【参加料金】
1000円(昼食・パーティー代込)

【日時】
11月13日(日):11:00~

開始:11:00~
曲里松並木散策:11:00~
昼食(釜飯):12:00~※900円相当の釜飯
AED講座:13:00~
リラックスマッサージ講座・ネイル講座・ウォーキング講座:14:00~17:00
KUROSAKI48卒業パーティー:17:30~

【集合場所】
黒崎カムズ商店街きさろく館カフェ前「カムズ収穫祭」総合受付

11月10日(木)までに事前予約が必要となります。黒崎まちなか大学事務局メール:ucckurosaki@gmail.comまでよろしくお願いします。
定員になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。


黒崎まちなか大学事務局
ブログ:http://ucckuro.exblog.jp/
メール:ucckurosaki@gmail.com
場所:北九州市八幡西区黒崎カムズ商店街きさろく館カフェ2階
[PR]
by ucc-k | 2011-11-08 13:20

マチと握手する講座③~遊ぶ篇レポート

11月5日(土)は「マチと握手する」講座の最終日~遊ぶ篇でした。

今回は、今年4月から「黒崎の魅力を発見する」ワークショップを開き続けている大先輩「黒崎街角満喫ツアー」さんとのコラボレーション企画となりました。
テーマは「世代間交流」
要は、世代で触れ合って一緒に黒崎を知って遊ぼうということです。

e0245543_10544385.jpg

黒崎街角満喫ツアー責任者の吉柳さんと、本日のツアーインストラクターを引き受けてくださった山中さん。
山中さんは「黒崎まちなか大学」の学生さんでもあります。
今回は学生参加者ではなく講師として参加者の方々を引っ張っていきます。
山中さんも吉柳さんもすごくかっこよかった!
ちなみに手を挙げて顔を隠している女性が、黒崎街角満喫ツアースタッフの竹下さん。
ある30代中盤男性の証言によれば、「彼女がいれば、なぜかすべてうまくいく」と評判の方です。

e0245543_1162628.jpg

出発前の記念撮影!
ちょっとまだ皆さん表情が堅いですね(笑)

e0245543_1115224.jpg

生憎の雨の中、山中さんの長崎街道の歴史解説を聞きながら今日の目的地・曲里松並木へ。
傘が邪魔で写真ではなかなか表情は伺えませんが、この頃にはかなりの皆さん打ち解けています。

e0245543_1122343.jpg

松並木の東屋に着いてからは、山中さんの解説の後で、限りあるメニューの昼食を賭けた熱い「あっちむいてほい」大会のはじまり。
勝者からメニューを選べるとあって白熱しました。
特に、一番人気の「焼き魚定食」が1つしかないとあって、みんな目の色が変わってましたね(笑)

e0245543_11323695.jpg

そして、見事勝ち抜いて「焼き魚定食」を手に入れ、会心のピース!!

そして、すっかりあらゆる世代が打ち解け、子どもたちも大はしゃぎの記念撮影中!
e0245543_11373052.jpg

いやあ、子どもたちのポーズ決まってます(笑)

e0245543_12214385.jpg

次の目的地は熊手銀天街!
雨もあがり、みんな打ち解けてしまったから、ちょっぴり長い道のりもあっという間。

e0245543_11435279.jpg

みんな入り乱れていろんな話をしたり、岡田宮の話などに聞き入っていると、いつの間にやら熊手銀天街の和菓子・四宮さんでお菓子をお茶をご馳走になっていました(笑)

e0245543_11515629.jpg

それから今度オープンする黒崎三角公園劇場の前を抜け山賊鍋へ!
ボリュームたっぷりの料理と、尽きない話題で大いに盛り上がりました。

e0245543_1211215.jpg

最後に再度記念撮影!

「街角満喫ツアー」と「まちなか大学」とでは、ちょっとテイストとコンセプトは違うけど、想いや方向性や本当に大切にしていることは同じ―。
また絶対にコラボしてやる!!
というよりも、末永く一緒にやりたい。

事務局一同、そう感じた1日でした。
またコラボしますよ~!

最後に・・・
黒崎街角満喫ツアーさんのブログhttp://ameblo.jp/shotengaitour/もご参照ください。
ツアー報告、次回予告等が掲載されていますよ!


黒崎まちなか大学事務局
[PR]
by ucc-k | 2011-11-06 12:23